記事「思想としてのペースレイヤリング」を公開しました

スチュアート・ブランドの1994年の著書『How Buildings Learn』は、建築の専門書でありながら、情報アーキテクチャの分野でも多くの人びとに影響を与えてきた本です。その中心となっていたのが、建物における「ペースレイヤリング(Pace Layering)」の概念です。

2006年の春にこの本と出会った自分が、折に触れて探ってきた「ペースレイヤリング」の歴史と現在について、以下の記事を書きました。 続きを読む

標準

『Intertwingled』著者ピーター・モービルから、日本のみなさんへのメッセージ

私が翻訳をつとめた書籍『Intertwingled —錯綜する世界/情報がすべてを変える』は、本日発売となります。これを記念して、著者のピーター・モービルから、日本のみなさんへのメッセージが届きましたので、翻訳してご紹介します。

時代や場所を越えて、さまざまな文化を探りながら、その多様性の大切さを学んできたピーターならではの、日本への理解と親しみを伝えてくれるメッセージです。 続きを読む

標準

『メディア論』からの引用を翻訳して、思ったこと

前回のポストで紹介した、『Intertwingled』の訳者まえがきの記事(記事提供: ÉKRITS / エクリ)で、ピーター・モービルが昨年の IA Summit で行なったスピーチの冒頭に、マーシャル・マクルーハンの『Understanding Media: the Extensions of Man』からの引用があったことに触れました。

1987年に、みすず書房から出版された訳書『メディア論―人間の拡張の諸相』では、その一節がこのように翻訳されています。 続きを読む

標準

ピーター・モービル『Intertwingled』日本語版についてのお知らせ

『アンビエント・ファインダビリティ』『検索と発見のためのデザイン』に続き、昨年8月に発売されたピーター・モービルの最新著書、『Intertwingled』の翻訳を行ないました。ピーターが初めてのセルフパブリッシング形式で出版したこの本の日本語版を、『Intertwingled – 錯綜する世界/情報がすべてを変える』というタイトルで、まもなく発売します。

Intertwingled - 錯綜する世界/情報がすべてを変える

続きを読む

標準

写真と記憶

1949年生まれの写真家、谷口 雅氏のテキストを引用しながら、「写真と記憶」の関係について思ったことをメモしておきたい。

写真は機材の変革によって、幾度かの脱皮を経験し、時代に即した価値観を人々の記憶に関わる欲望のなかに見出してきた。それはけっして新しい発見ではなく、幾度も時計の針を後戻りさせ、距離を飛び越えていくという写真の原点へと後戻りし、生き延びてきたしたたかなメディアであるとも思っている。

続きを読む

標準

IA Spectrum Reloaded

わたしが「インフォメーションアーキテクト」という肩書きをもって仕事をするようになったのは、2005年の初めのことでした。そしてその年の9月に、情報アーキテクチャをメインテーマとするこのブログ「IA Spectrum」を始めました。

インフォメーションアーキテクト、情報アーキテクチャ、そのどちらもが「IA」という略称で呼ばれることは、このブログの読者の方はよくご存知だと思います。
「IA Spectrum」を作った時に、そのような“二つのIA”を象徴する要素としてわたしが選んだのが、さまざまな色が重なり合い、融け合うような、虹色のスペクトルのイメージでした。

spectrum_panorama
続きを読む

標準